目の下のくまは細胞移植で根本的に治療!!


下の写真は28歳の女性です。

肌に透明感があり非常にきれいです。
しかし、皮膚そのものに厚みがなく、目の下にくまとなっている色味が主なスキントラブル。こういったくまの原因は、皮膚が薄いために眼輪筋と呼ばれる筋肉の血行状態が透けて見えている状態。これを改善させることは皮膚を厚くできない限り不可能でした。
しかし、線維芽細胞移植は真皮そのものを厚く変化させることができるので、くまの根本的な治療ができる唯一の治療です。



線維芽細胞移植術

皮膚の真皮に存在する肌を構成する上で非常に大切な細胞。その線維芽細胞を最先端のバイオテクノロジー技術を使って、増やし、働きを活発にして肌に移植するのがこの治療の特徴。細胞は耳の裏側から数ミリ採取し、1~1.5ヵ月かけて培養するためすぐに治療できるわけではない。また、細胞が生着して、肌の再生に効果が出始めるのも2,3カ月はかかるという。しかし、皮膚を厚くできるという意味からもどの治療よりも効果があり、多くの女性の悩みを簡単に解消できるのが特徴である。

お勧めクリニック

医療法人社団 慶友形成クリニック
院長:蘇雅宏先生
TEL:0570-00-3361 (全国共通)
東京院:〒134-0091東京都江戸川区船堀3-5-7 トキビル5F
ホームページ:美容外科専門サイト 線維芽細胞情報サイト
診療時間:am10:00~pm19:00
休診日 :年中無休
各種カード、医療ローン取扱有

ここ数年、この再生医療をおこなっているクリニックは増えている。 しかし、医療機関内で細胞培養をおこなっているのは国内でも数施設しかない。それ以外はクリニックで培養しているのではなく、培養ベンチャー企業や特定の医療機関による培養。 本来そういった行為は薬事法違反となる。
今回、紹介するクリニックは施設内にGMP基準に合わせた培養設備。クリーンルームでの細胞培養室を所有する適正な医療機関である。 また、フェイスリフトなど多岐にわたる治療実績を持つ美容外科専門医だから、治療効果も遥かに高いのが特徴である。

慶應義塾大学医学部で指導を重ねる傍ら、自らも治療にあたる非常に忙しい美容外科医。そのため予約が取りずらいことも多いが、夜間の治療にも応じてくれる顧客重視の治療スタイルには圧巻。
美容雑誌「家庭画報」「Frau」などにも国内最高水準の医師。
名医100選にも選ばれている実績は評価に値する。