細胞の酸化



大好きな果物などの食物、油など、長い間空気にさらされると酸化し変色しダメージを受けます。それと同じように私たちの体(細胞)も酸化し、ダメージを受けているのです。生きている細胞が酸化するなんて本当なの?と疑問を持たれる方も多いでしょう。ではどのようにして酸化が進むのか簡単に説明しましょう。

 わたしたちは誰でも呼吸をして肺でガス交換をし、血液を通して全身の細胞に酸素を供給しています。実はこの呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部が変化してできた「活性酸素」が原因なのです。活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させます。私たちのからだは約60兆個の細胞でできています。その表面を覆っている細胞膜は不飽和脂肪酸という酸化しやすい物質でできており、酸化すると過酸化脂質という「サビ」のようなものになり、細胞にダメージをあたえます。そしてだんだんと細胞の機能が失われ、さまざまな病気や老化を進行させてしまうのです。

 さらに活性酸素を発生しやすくする環境が、ストレス、喫煙や大気汚染の環境、また脂質の多い食事、添加物の多い食生活も活性酸素を増やす原因にもつながります。
 酸化が引き起こすさまざまな病気。例えば、最近よく話題になる動脈硬化は、血管が酸化によってもろく硬い状態になると起こりやすくなるといわれています。さらに、血液中の血小板が酸化されると、粘着性が増し、凝集して血栓ができやすくなります。これらの血栓によって血管がつまると、その先に血液が流れなくなり、脳梗塞や心筋梗塞などが起こるのも酸化のひとつだとも言われています。