皮膚の乾燥



一般的に女性は20歳を過ぎると乾燥傾向になりがちです。それは女性ホルモンの影響で角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくからです。皮膚の皮脂腺の分泌量が大幅に減少しはじめ、その天然のクリームが作られなくなり皮膚が乾燥しやすくなるのです。
 また、線維芽細胞は絶えずヒアルロン酸、コラーゲンやエラスチンを補給して皮膚にはりや弾力をもたらしていますが、皮膚が乾燥すると線維芽細胞の活動が鈍くなり、活動が鈍くなるとエラスチンやコラーゲンの産生が減少するためさらに乾燥が悪化し、老化がより進行するのです。