生理機能の低下



 これまでの老化の原因を考えると、紫外線に絶対に浴びなければ老化しないか?抗酸化物質を常に服用していたら老化はしないのか? そんなことはあり得ません。
 もちろんそれらは老化を進行させてしまう原因のひとつではあります。しかし、細胞にも寿命があるのです。いろいろな学説がありますが、オーソドックスな学説はテロメア説です。
 テロメア説ではヒトの細胞の中には48種類の染色体があり、その染色体それぞれの末端にテロメアという構造がある。テロメアは、染色体が端から壊れないように、端を固定して遺伝子の安定化を図っています。テロメアは細胞が分裂するごとに一定量短くなり、ある程度短くなると細胞そのものが分裂できなくなり、寿命を迎えるという考えです。そういった分裂を繰り返すことで全身の細胞に寿命をきたすと考えられています。それが徐々に全身の機能を低下させるため、大切な生理機能まで衰えてしまうのです。