ビタミン剤 -- ビタミンC


美肌づくりに欠かせない「ビタミンC」 肌にはとにかく「ビタミンC」
今や美肌成分の代表的なサプリメントとされるビタミンC。どんなに健康な体でも、人は体内でビタミンCをつくることができません。食べ物かサプリメントなど外から補給することが不可欠です。ビタミンCは多くの実績から「シミ・くすみ対策」に注目されがちですが、ビタミンCの肌への働きかけはそれだけではありません。若返りを含め肌を健やかに、美しく保つためのさまざまな働きが期待できる美肌づくりに欠かせない成分なのです。


ビタミンCの主な効果

・コラーゲンの生成を促進
肌の弾力に線維芽細胞とコラーゲンは必須。このコラーゲンの生成に不可欠なのがビタミンC。さらに、コラーゲンを変性させる原因となる活性酸素を取り除きます。

・整肌(肌のキメを整える)
肌をキメ細かく整え、滑らかで健康な角質層にするよう働きかけます。

・メラニンの生成を抑制、コントロール
ビタミンCの優れた抗酸化作用がシミの元となるメラニン色素に働きかけ、メラニン色素をできにくくし、できてしまったメラニン色素を薄くしてくれます。

・ニキビの原因に働きかける
毛穴を引き締めて、ニキビの原因となる過剰な皮脂の分泌を抑制します。また、ニキビの悪化原因といわれる活性酸素を取り除きます。

・毛穴を引き締めて滑らかなはだに
ビタミンCが開いていた毛穴を引き締めます。また、肌の毛細血管を安定に保って、正常な新陳代謝に導きます。


ビタミンCと上手に付き合う!!

・タバコやストレスに注意
タバコを1本吸うと、体内からビタミンCが約25mg失われるとも言われています。さらに過大なストレスも体内で活性酸素が発生し、ビタミンCを失う原因となりますのでご注意して下さい。

・ビタミンCは毎日取り入れましょう
水溶性であるビタミンCは体内に蓄えることができません。ビタミンCを効率的に働かせるためには、一度に多く取り入れるよりも、毎日こつこつと取り入れましょう。

・内側からも外側からもビタミンCを
ビタミンCを肌悩みに効かせるためには、肌の外から塗るほうが効果的です。しかし、同時に食事等で内側から摂取することも美肌つくりには大切です。

・保存状態が大切なビタミンC
ビタミンCは空気や光によって変化しやすいので、できるだけ空気に触れない容器に入ったものがお勧め。また、直射日光を避けて涼しいところで保存するもの重要です。

・ビタミンCを作り出せない動物は?
実は犬や猫などほとんどの動物は体内でビタミンCを合成することができます。合成できないのはヒトとサル。だからできれば毎日、ビタミンCを取り入れたいものです。


ビタミン剤購入のポイント

医師処方のサプリメントを購入する場合は、きちんとしたクリニックで購入しましょう。病院のサプリメントは安心できるイメージが強いが決してそんなことは安全ではない。サプリメントやプチ整形を中心とした医療機関は、ひとつのビジネスモデルであって安全性が高いわけではない。医師の経験をしっかりみて、検討しましょう。
 また、セットになっているものや、クリニックオリジナルのものは避けましょう。サプリメントソムリエなどに相談してみるのも非常に有効。