美容医療で修復


 美容医療での修復はずばり“整形”整形にもいろいろな種類があって、切る整形と切らない整形に分けられる。
 切らない整形には「ヒアルロン酸注射、ボトックス注射、コラーゲン注射」
 切る整形には「フェイスリフト」などがある。
 また、エステ的ではあるが、サーマクールなどのレーザー治療も美容医療に含まれる。レーザー治療は、高周波治療器や光治療器が主な治療。これらに共通して言えるのは、肌に軽度の炎症や熱を起こし、一時的な皮膚の張り・緊張をもたらし、その後のコラーゲンの産生などを期待することである。しかし、治療に伴う痛みや治療後の副作用を抑えるため出力エネルギーにも限界があり、現在の技術では効果にばらつきも多く、永続的な効果は得られていないのが現状である。
 一方、切らない整形“プチ整形”という言葉に代表されるように、効果が一時的であっても、ダウンタイムが少ない治療も、幅広く受け入れられている。それらは修復というよりもシワの窪みへの補填や筋肉の動きを抑制する治療なので修復とは少し意味がずれる。
 切る整形による修復は修復といっても大幅な修復にあたる。単純に弛んだ皮膚を切り取って縫い合わせる治療だ。