化粧品で老化を予防する


化粧品で老化を予防する。現在、さまざまな若返りを目的とした化粧品が開発されています。主な主成分は抗酸化物質。実際に抗酸化物質は効果があるため採用されているんですね。

化粧品に含まれる抗酸化物質
ビタミンC(誘導体) 抗酸化作用のある物質としてもっとも有名。アスコルビン酸は服用では有効だが、皮膚からの吸収はないので、経皮吸収させるには誘導体しか効果は認められていない。
ビタミンE 大気圏でほとんど吸収されずに地表に達する。浴びると肌が黒くなる日焼けをする。ただし、大量に浴びるとDNAに傷がつき、皮膚の老化を早める。
コエンザイムQ10 オゾン層の増減により、地上に到達する量が変動する。浴びると肌が赤くなる日焼け(サンバーン)をする。大量に浴びると免疫力の低下や、皮膚ガンや白内障を引き起こす恐れがある。
フェルラ酸 オゾン層によりほぼ吸収されてしまうため、地上にはほとんど到達しない。ただし、最も危険で殺菌光線と呼ばれており、免疫力の低下や皮膚ガン、白内障を引き起こす。
ピクノジェノ―ル 松ヤニの一種でフラボノイドを多く含んでいます。飲むサプリメントとしては多く製品でありますが、塗るタイプのものは効果については不鮮明な部分が多い
アスタキサンチン ベータカロチンやリコピンなどと同様の色素物質で、抗酸化作用に優れていると言われています。しかし、肌からの吸収については疑問視されています。
αリポ酸 チオクト酸とも呼ばれていて野菜や肉類にも多く含まれている成分です。それ自体に抗酸化作用が強いが、他の成分で使われた抗酸化物質にも有効に作用するため、他剤との併用が評価されています。